小学生アトピー性皮膚炎専門治療

東京都中央区の整体院

HOME > 小学生アトピー性皮膚炎専門治療

小学生アトピー性皮膚炎専門治療

小学生頭蓋骨矯正の専門治療家で、小学生アトピー性皮膚炎を幾例も治療している専門治療家が治療いたします。

小学生のアトピー性皮膚炎

小学生のアトピーも、最終的には頭蓋骨を治療しなければなりません。しかし、新生児や歩行前の赤ちゃんと違って、歩いてから何年も経過しています。ですので、赤ちゃんのように頭蓋骨から下、つまり背骨をそろえるわけにはいきませんので、治療自体は結構難しいように思えます。小学生の場合は、骨盤と頭蓋骨をうまく調整し、なおかつ内臓の変位をとることがアトピー改善への近道でしょう。

痒みは計算して治療します。

子どもにかゆいところをかくなといっても、それは、無理な話です。無理なことはストレスになるので最初からやりません。ほとんどの子どもは、治癒の過程でも皮膚をかいています。かゆいところをかいても皮膚自体が柔らかければ、それほど皮膚は座滅しません。

アトピーという症状は、内臓などの排泄機能が低下し、毒素や老廃物が、器質的に弱い皮膚に出ている状態です。

内臓や、頭蓋骨の変位をとり、きちんと毒素が排泄器系から排泄されれば、皮膚からは出なくなります。

当院の治療は食事制限などは一切ありません。

私は治療マニュアルも書いていますが、ほかのマニュアルを購入した方から、食事制限が厳しく食べるものがないと、よく相談されます。

食事を制限するよりも、食事を消化し吸収する内臓の状態を良くすれば、あまり食事を気にしなくても症状は改善します。

小児のアトピー治療の実際

施術開始2009年10月14日

1回目治療後2009年10月21日

一ヵ月目2009年11月11日

今までは、肘や膝など関節しか出ていなかったのですが、顔に出るようになりました

2009年11月18日

今度は、今まで症状の出ていなかった、背中やおなかに出てきました。

2009年12月16日

だいぶ、肌の色が正常に近づいてきました、この時点で30%くらいです

2010年2月3日

2010年2月13日

2010年3 月13日

現在、まだ、治療中ですこの時点で50%くらいです。長年ステロイドを使用し、脱ステロイドをしてから、3ヶ月後に来院した、みのりちゃん。まだまだきれいになります。

2010年9月11日

春に(2010年)小学校4年生になった、みのりちゃん

もっとかわいい女の子になるでしょう

赤ちゃんアトピー専門治療小児アトピー専門治療幼稚園アトピー専門治療小学生アトピー専門治療アトピー専門治療

小学生アトピー治療の流れ

① 横隔膜の硬さを診ます。

2へ

② 横隔膜を矯正します。

横隔膜の動きが悪いと、呼吸が浅くなり、さまざまなところに問題がでてきます。

3へ

③ 腎臓の変位を診ます。

4へ

④ 右の腎臓を矯正します。

腎臓下垂などにより、肩甲骨の動きが悪くなると、頚椎の動きも悪くなります。

5へ

⑤ S状結腸を治療します。

6へ

⑥ 腰椎の矯正をします。

7へ

⑦ 頭蓋骨を治療します。

8へ

⑧ 胸椎8番(肝臓)を矯正します。

9へ

⑨施術が終わったら再度バランスを確認します。

カイロプラクティックというとボキボキ鳴らす施術のイメージですが、実際には矯正音のなるような施術でなくても体は変化します。

10へ

人それぞれ、時期などによっても施術するところは変わってきますので、当院では必ず、施術をしたところを説明します。

予約のご注意

小学生アトピー専門の先生が治療します。

完全予約制になります。

保険の適用はありません、自費治療になります。

PageTop




東京都千代田区有楽町の整体院/長谷治療院/不妊症は不妊治療の整体院で骨盤矯正/東京都千代田区有楽町

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ