赤ちゃんアトピー専門治療

東京都中央区の整体院

HOME > 赤ちゃんアトピー性皮膚炎

赤ちゃんアトピー専門頭蓋骨矯正

新生児を含む赤ちゃんの頭蓋骨矯正の専門治療家で、小児アトピー性皮膚炎を幾例も治療している専門治療家が治療いたします。

りひとちゃん(初診時 11ヶ月) 

施術開始2009年9月25日

2009年12月28日

2010年1月8日

2010年2月16日

2010年2月16日

2010年4月19日

2010年5月14日

2010年8月14日

2010年9月25日

赤ちゃんアトピー専門治療小児アトピー専門治療幼稚園アトピー専門治療小学生アトピー専門治療アトピー専門治療

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎

赤ちゃんのアトピーの原因は、おなかの中にいる10ヶ月にあります。赤ちゃんは母体のおなかの中で、細胞分裂をして、大きくなります。このときに皮膚が作られるときに、子宮の環境が悪いとアトピーになり、また、呼吸器が作られるときに、子宮の環境が悪いと喘息になりやすいのです。

赤ちゃんは肝臓-前頭骨タイプがほとんど!

アトピーの赤ちゃんの肋骨や、横隔膜を触診してみると、右の肋骨の動きが悪い人が多いのです。これは、右の横隔膜が下垂していることにより、肝臓を圧迫し、肝臓本来の持っている働きが制限されているのです。この場合の施術は、前頭骨を動かして、肝臓の変位を正す方法と、横隔膜を矯正して、肝臓の圧迫をリリースする方法があります。

赤ちゃんも成人同様、アトピーを治すということでなく、内臓や、頭蓋骨の状態を良くし、アトピーが必要でないからだにすることを目的とします。基本的に人間の体の反応で不要なものはありません。アトピーの子供も、アトピーが必要な体なので、アトピーをだして、バランスをとっています。対症療法で、消そうとしても、またすぐに出てくるのは、それが必要な体なので、さきにそれらの症状が必要でない体にしなくてはならないのです。

くにひこちゃん (初診時3ヶ月) 

施術開始2009年5月

1ヶ月目2009年6月

2ヵ月目2009年8月

2009年9月3日

治療開始が2009年5月15日で9月の3日にはほとんど治癒していました。

現在、頭蓋骨の形も丸くなり、予後の安定化治療をしています。

赤ちゃんアトピー専門治療小児アトピー専門治療幼稚園アトピー専門治療小学生アトピー専門治療アトピー専門治療

すみひろちゃん 

施術開始2009年110月30日

 

1ヶ月目2009年11月27日

 

2010年2月16日

 

2010年3月

赤ちゃんアトピー専門治療小児アトピー専門治療幼稚園アトピー専門治療小学生アトピー専門治療アトピー専門治療

赤ちゃんアトピーの治療

はじめまして、院長の長谷です

①おなかを使って脳圧をあげます。

②プテリオンの高さと頭蓋全体のゆがみを診ます。

③横隔膜の硬さを診て、矯正します。

④大腰筋の硬さを診ます。

⑤大腰筋の矯正をします。

⑥背骨を診断します。

小児には特に。ハーモニックテクニックをつかって内臓の治療をします。

院長は日本で40数人しかいない、国際身体保健組織(ISHO) Harmonicsメインフレームメンバーです。

⑦背骨の治療をします。

⑧背骨に対応した内臓を治療します。

⑨センタリングをします。

小児には特に。ハーモニックテクニックをつかって内臓の治療をします。

院長は日本で40数人しかいない、国際身体保健組織(ISHO) Harmonicsメインフレームメンバーです。

予約のご注意

赤ちゃんアトピー専門の先生が治療します。

完全予約制になります。

保険の適用はありません、自費治療になります。

PageTop




東京都千代田区有楽町の整体院/長谷治療院/不妊症は不妊治療の整体院で骨盤矯正/東京都千代田区有楽町

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ