アトピー性皮膚炎専門矯正治療

東京都中央区の整体院

HOME > アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎専門矯正治療

アトピーとは、排泄機能の低下により体の代謝物(毒素)が正常に排泄されず皮膚の下に溜まってしまいます。その行き場を失った代謝物(毒素)が皮膚から出ようとするために肌が爛れてしまうのです。重症だとアトピーとなり、軽症だとニキビ、吹き出物、湿疹などの肌荒れになります。

治療が進むと、皮膚の下に溜まった毒素は皮膚から出てくるので一時的に症状がひどくなる現象が起こります。しかしそれは排泄能力が高まっているからです。毒を出し切ると次第に肌が綺麗になっていきます。

赤ちゃんアトピー専門治療小児アトピー専門治療幼稚園アトピー専門治療小学生アトピー専門治療アトピー専門治療

吉田さん 大学生 (担当院長) 

2009.10.7                   2010.2.9

2009.10.7                   2010.2.9

2009.10.7                   2010.2.9   

2009.10.7                   2010.2.9

2009.10.7                   2010.2.9

赤ちゃんアトピー専門治療小児アトピー専門治療幼稚園アトピー専門治療小学生アトピー専門治療アトピー専門治療

アトピー性皮膚炎には、大きく分けて、2つのタイプがあります。

ひとつは、顔に症状が、出るタイプで、これは肝臓の機能低下により前頭骨メジャー(主たる原因)タイプといいます。前頭骨の変位は肝臓の変位と連動していて、肝臓にフィクセーション(変位や固着)ができると前頭骨が硬くなり、頭蓋全体を固着させ、アトピーの顔の症状が悪化するのです。

もうひとつは、肘や、膝など関節に出るタイプで、腎臓メジャータイプといいます。これは、腎臓が下垂し、腎臓が本来持っている機能を発揮できないために、水分がたまり、むくみ傾向になるために、アトピーの症状が出るタイプです。

両方出る方は、状態が非常に悪く、内臓全体が下垂しているタイプです。こういう人は、施術により、体が変化していくと、どちらかが先に改善されます。そして、残ったほうが、メジャーなほうです。当院ではアトピーの治療はしていません(アトピー性皮膚炎の診断および薬物による治療は皮膚科の専門医によります)が、なぜかアトピーを持った患者さんが多くいらっしゃいます。これは、アトピー性皮膚炎の方が、骨盤や背骨、頭蓋骨にゆがみを持っているということになります。私(長谷)の場合、小児や、赤ちゃんの場合は、頭蓋骨から、成人の場合は、骨盤から全身を整え、メジャーもんだいを引き出します。

成人の場合は、肝臓メジャータイプが多いのですが、気候の変化の影響を最近は受けやすいので、急性問題として、腎臓、大腰筋問題が多くでているので、これらを取り除いて、本来の問題をつきとめます。

黒川さん (担当院長) 

黒川浩美さん 

アトピーとは、もう生まれてすぐからの付き合いで薬を塗ったり、飲んだりしながら、何とか症状を抑えている状態でした。

疑問に思いつつも、それ以上どうすればいいのかもわからずにいたところ、やはり根本的な治療が必要なんだと思い知らされました。

ちょうどそんな時インターネットで貴院を見つけました。

まず正直に驚いたのが、本当に軽く体を触っただけで、今の自分の体の状態 ( 内臓・骨の状態 ) を詳しく教えて頂けたこと。

そして、今まで思ってもみなかった様な原因で肌の状態が悪くなってしまうことも教えて頂きました。

毎回治療をして頂くたびに、細かく説明してくれるので安心してお任せすることが出来ています。

アトピーが完治するのにはまだまだ時間と努力が必要だと思っていますが、心強いサポートをよろしくお願いいたします。

施術開始2009年 5月 

2009年 10月 

沖山先生と 

福山さん(担当院長)  

施術開始2009年 5月 

2009年 10月 

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎

赤ちゃんのアトピーの原因は、おなかの中にいる10ヶ月にあります。赤ちゃんは母体のおなかの中で、細胞分裂をして、大きくなります。このときに皮膚が作られるときに、子宮の環境が悪いとアトピーになり、また、呼吸器が作られるときに、子宮の環境が悪いと喘息になりやすいのです。

赤ちゃんは肝臓-前頭骨タイプがほとんど!

アトピーの赤ちゃんの肋骨や、横隔膜を触診してみると、右の肋骨の動きが悪い人が多いのです。これは、右の横隔膜が下垂していることにより、肝臓を圧迫し、肝臓本来の持っている働きが制限されているのです。この場合の施術は、前頭骨を動かして、肝臓の変位を正す方法と、横隔膜を矯正して、肝臓の圧迫をリリースする方法があります。

赤ちゃんも成人同様、アトピーを治すということでなく、内臓や、頭蓋骨の状態を良くし、アトピーが必要でないからだにすることを目的とします。基本的に人間の体の反応で不要なものはありません。アトピーの子供も、アトピーが必要な体なので、アトピーをだして、バランスをとっています。対症療法で、消そうとしても、またすぐに出てくるのは、それが必要な体なので、さきにそれらの症状が必要でない体にしなくてはならないのです。

赤ちゃんアトピー専門治療小児アトピー専門治療幼稚園アトピー専門治療小学生アトピー専門治療アトピー専門治療

重要なことは、症状をみるよりも、皮膚の色が重要。

施術開始

一ヶ月目

3ヶ月目(症状自体は悪化していますが、皮膚の色は肌色になっています)

皮膚の色が正常になっています

赤ちゃんアトピー専門治療小児アトピー専門治療幼稚園アトピー専門治療小学生アトピー専門治療アトピー専門治療

完完全予約制になります。

保険の適用はありません、自費治療になります。

PageTop




東京都千代田区有楽町の整体院/長谷治療院/不妊症は不妊治療の整体院で骨盤矯正/東京都千代田区有楽町

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ